MENU

HOME > お知らせ

ハウス設計からのお知らせ

最近の記事

新築前に間取り助言 〜宮崎日日新聞に掲載されました〜

昨年9月の「夕刊読売新聞」と「読売新聞の宮崎版」、今年1月の「南日本新聞」に引き続き、「宮崎日日新聞」の記事として掲載されました。
以下はその記事の内容です。

 元高校教諭 枦元さん(都城)
 建築専門知識生かす
 住宅の新築やリフォームをサポートしようと、都城市蔵原町の1級建築士・枦元博文さん(62)は施工前の間取り診断を行っている。「定年後は地域や社会の役に立ちたかった」と、県内の工業高校で建築を専門に教えてきた経験などを生かし、第三者の視点でアドバイスをしている。
 枦元さんは24歳まで2年間、宮崎市内の設計事務所で働き、その後高校教諭に。宮崎工業、都城工業などで建築の授業を担当するなどしてきた。定年が近づいたころ「自分が充実した人生を送れてきたのは周囲のおかげ。その恩返しとして何かできれば」と考え始め、退職した2011年に間取り作りをサポートする「ハウス設計」を開設した。
 診断は依頼者の家族構成やコンセプトなどを確認した後、住宅の平面図や立面図、配置図をチェック。屋根の造りや風通し、採光など数十項目を4段階に評価して、診断書には気になる点や改善策なども記入する。料金は3千円〜8500円。
 珍しいサービスとあって、全国から依頼が舞い込んでいるという。枦元さんは「相談して良かったと言われることも少なくない。安心安全で住みやすい家になるよう、これからも知識や経験を生かしていきたい」と話している。
 問い合わせはハウス設計☎0986-77-2147。

固定リンク | 2013年05月23日【56】

リフォームの相談はハウス設計へ 〜リフォームのプランを提案します(宮崎・鹿児島の地元だけではなく全国対応)〜

リフォームのプランを提案します      

1 「ハウス設計」はこのように提案します
  「何をどのようにしたいのか」をお客様からよくお伺いし、お客様の立場になってプランニングします。提案方法は既存の間取り図に赤ペンでリフォーム案を提示致します。さらに、リフォーム案が決定次第、A3の用紙1枚に図面化します。
2 「ハウス設計」にリフォームプランを依頼するメリット
 (1)複数の施工業者に見積もりを依頼する場合、比較しやすい。
    複数の施工業者にプランなしで見積もりを依頼すると、業者は自分でプランニングしてそのプランにもとづいて見積もりをします。そうなると、業者によってプランが異なりますので見積もりの比較が困難になります。同じプランで見積もりを依頼すれば比較しやすくなります。
 (2)自分のペースで発注できる。
    リフォームをする際、業者任せになって自分の思っていることとずれてしまい、予算もオーバーしてしまいがちです。発注する際は、「何をどのようにしたいのか」など自分のプランをしっかりと持つべきです。弊社は、そのお手伝いをさせていただきます。

3 ご依頼から提案までの流れ及び料金について
 (1)お問い合わせ
    来社、電話、FAX、メール、問い合わせフォームからお気楽にどうぞ。
 (2)弊社からお客様へ申込書兼ヒアリングシートを送付
    お客様のご希望に合わせて、FAX、メール、郵便等でお送りします。
 (3)お申し込み
    お客様から申込書兼ヒアリングシートと間取り図を来社、FAX、メール、郵便等でご返送ください。間取り図がない場合は、現場に赴き既存の間取りのスケッチをした後、間取り図を作成します。その場合は別途交通費(80円/)と間取り図作成料(400円/坪)を承ります。
 (4)リフォーム案作成
    お客様から送られてきたヒアリングシートをもとに、既存の間取り図に赤ペンでリフォーム案の作成をします。設計方針などの説明書も添付致します。(料金:8,500円)
 (5)リフォーム案の送付
   来社いただくか、日本郵便の代金引換の発送になります。代金引換の手数料370円はお客様でご負担ください。お伺いする場合は別途交通費(80円/)を承ります。
 (6)リフォーム案受領後について     
    リフォーム案の修正につきましてはご遠慮なくお申し付けください。納得されるまで対応致します。
 (7)プレゼンテーション用の図面を希望される方へ
   リフォームプランが決定次第、図面の作成をします。(料金:10,000円)
  図面完成後、日本郵便の代金引換でお送りします。代金引換の手数料370円はお客様でご負担ください。お伺いする場合は、別途交通費(80円/)を承ります。

 ※1 リフォームの規模は水回りや間取りの変更を想定していますが、規模が小さかったり大きかったりする場合はご相談致します。
 ※2 平面図等の図面やパース、模型等が必要な方はご相談ください。

固定リンク | 2013年04月02日【55】

家づくり・住まいづくり相談 〜住宅建設業者の選び方〜

 先日、都城に住んでいらっしゃる方が相談に来られました。大手のハウスメーカーと地元の工務店に住宅の新築をお願いしたところ、気に入ったプランの方が見積もり金額が高く、プランがいまいちの方が見積もり金額が安く、どちらにしようか悩んでいるとの相談でした。大手のハウスメーカーの方は工事金額は仕様によって安くできるとも言われたそうです。ただ、安くできると言われたものの一生に一度の家づくり、果たしてそれでいいものか、と悩んでいるとのことでした。また、後々のことを考えたら地元の工務店の方が何かと都合が良いのではないか、とも考えられたそうです。
 住宅を新築する際、施工業者の選び方にはいろいろあります。
 一般的なものとしては、施工業者にプランの提案から見積もりまで依頼する方法です。所謂、設計施工を頼む形になります。これは手っ取り早く、設計も無料(確かに無料なのですが、会社全体としては、会社の利益が出て経営できるようにはなっているはずです)でやってくれますので頼みやすいことがあります。ただ、最大の欠点は、比較判断が難しいということではないでしょうか。同じ面積、同じ構造であっても、プランによって見積もりは当然違ってきます。気に入ったプランが見積もり価格が高く、プランがいまいちの方が見積もり価格が低い場合どうしましょう。気に入ったプランで他の業者に再度見積もりを依頼することもできません。悩んでしまいます。
 そのような意味では、次のような方法をお勧めします。プランを決めてから、施工業者を選ぶ方法です。施工業者に依頼する前に、設計事務所等に設計を頼みプランを決定してから、複数の施工業者に見積もりだけをお願いする方法です。この場合、同じ条件での見積もりなので工事金額の比較ができます。即ち、最も安い業者を選べることになります。ただし、難点は設計事務所等に依頼すれば設計料が高いことです。通常、工事金額の1割前後が設計料(工事監理も含む)と言われます。工事金額が1,000万円の場合に100万円の設計料になります。(ハウス設計の「間取りの設計」は、この設計料の消費税分(5万円)にも満たない低価格で、プラン作りを承っています。)
 最後に、最も安く造る方法です。それは直営方式です。直営方式とは、建築主が自分で工事に必要な労働を雇い、材料を購入して施工することをいいます。即ち、自分で大工さんや左官屋さんなどの職人さんを手配し、工程を組み工事を管理していく方法です。しかし、素人の方では難しいことです。ですので、現実的には、それに近い形で請け負ってくれる大工さんがいればその人に依頼することになります。安くできる理由は、見積書の諸経費(15%程度)と下請け業者のリベートの分安くなるからです。見積書は20を超える科目から構成されていますので、それだけの下請けがあるということになります。ですから、下請け業者のリベートの分だけでも結構な金額を節約することになります。

固定リンク | 2013年03月04日【54】

消費税増税前、宮崎県内の住宅市場が徐々に活発化

     〜消費増税前 駆け込みか〜

2月4日の宮崎日日新聞によると、来年4月に予定されている消費税増税をにらみ、宮崎県内の住宅市場が徐々に活発化しているとのことです。
前回も書きましたが、消費税が3%から5%に増税された97年の住宅・不動産分野では、かなりの駆け込み需要が見られました。結果的に、前年の住宅着工戸数は前々年の同じ月に比べ約2割増えたようです。前回は2%のアップですので、建物の価格が2,500万円とすると、50万円の増税です。2%のアップでこのような状況ですので、今回はどうなるのでしょう。バブル景気が崩壊し4〜5年経ったこの時期と、現在の状況は違うとはいうものの、近い将来にマイホーム購入を考えている人にとっては大きな問題です。建物の価格が2,500万円の場合、現在の5%と比較するとそれぞれ8%の場合が75万円、10%の場合が125万円の差になる訳ですから、近い将来にマイホーム購入を考えている人は「どうせなら消費税増税前がいい」ということになるのもよく分かる気がします。
家づくりは企画の段階から考えると1年前後の期間が必要です。丁度今頃から取り掛かると、消費税増税前の来年3月までには完成引き渡しということになります。
いずれにしても、増税前に慌てなくていいように、住宅のプランは時間をかけて納得できるものを準備しておきたいものです。

追伸
3月1日の宮崎日日新聞によると、国土交通省が2月28日に発表した1月の新設住宅着工戸数は、前年同月比5.0%増の69,289戸と5ヶ月連増で前年実績を上回った、とのことです。その中で最も興味があったのは、一戸建てが10.1%増と大きく伸びたことです。市場の緩かな回復傾向もあるかとは思われますが、消費税増税も大きく影響しているのかなと思いました。
また、ある工務店の新聞広告には「消費税増税・物価上昇率2%・円安・インフレの影響を受けて建築業界でも資材の高騰・金利の上昇が懸念されております。お早めのご計画をおすすめ致します。」とありました。
消費税増税等の住宅への影響が大きくあらわれてくるのであれば、いよいよこの春からかなと思われます。

固定リンク | 2013年02月27日【53】

朝日新聞の広告 〜間取りのセカンドオピニオン〜

1月1日、そして1月19日の宮崎県の朝日新聞広告に続いて、2月2日(土)に下記のような広告を出しました。
内容は、住宅のプラン作りのサポートである「間取り診断」、「間取りの設計」、「パース&模型等の制作」、「住宅設計教室」についてです。リフォームのことも掲載しました。

間取りのセカンドオピニオン
間取りのことでお悩みではありませんか!
住宅のプラン作りをお手伝いします。
リフォームのプランも提案します。
8500円〜



追伸
2月24日(日)の鹿児島県、大分県、熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県の筑豊地区、山口県の朝日新聞に上記の広告を出しました。

実物は下記ファイルをご覧ください。

固定リンク | 2013年02月05日【52】

[1]    «    10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16    »    [18]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事


このページの先頭に戻る