MENU

HOME > お知らせ

ハウス設計からのお知らせ

最近の記事

謹賀新年

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年中は、北は北海道から南は沖縄まで多くの皆様方からのご用命を賜り、厚く御礼申し上げます。お蔭様で、皆様方の住宅プラン作りをいろいろな形でサポートすることができました。これもひとえに皆様方のご高配の賜物と感謝しております。
本年も、皆様方のお役に立てるよう専心する所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。
平成二十六年 元旦
ハウス設計 代表 枦元博文

固定リンク | 2014年01月01日【59】

ホームページをリニュアルしました!

ハウス設計をプレオープンしてから2年が過ぎました。その間、全国各地から多くの方に間取り診断等の依頼をして頂きました。定年退職した私にとっては、私の知識・技術が世の中の役に少しでも立てばこの上ない喜びですので、私にできるところは最大限の努力をして間取り診断書等の作成をしてきました。その結果、間取り診断書等の送付後もお礼の電話やメール等を多くの方から頂いたり、弊社ホームページの「お客様の感想」まで書いて頂いたりしました。このことで“間取りのセカンドオピニオン”の必要性を再認識したところでもあります。これからも依頼して頂いた方に、「依頼して良かった」と言って頂けるように頑張っていこうと思っています。

固定リンク | 2013年10月19日【58】

セカンドオピニオンの建築版「間取り診断」 〜「宮崎日日新聞」のコラムの欄で紹介される〜

先日は、ハウス設計の取り組みを「宮崎日日新聞」の記事として掲載していただきましたが、その数日後には「べぶん舌」というコラムの欄で、次のようなことを書いてもらいました。感謝の意を込めて紹介します。

 医療において、最適な治療を受けるための主治医以外の意見を聞くことを指すセカンドオピニオン。都城市蔵原町の枦元博文さん(62)が行う新築やリフォームの「間取り診断」は、その建築版に当たる。取材時に住宅の図面を見せてもらったが、何が何だかさっぱり分からない。そんな人のために、元高校建築科教諭の経験を生かし、第三者の立場から丁寧に説明や助言を行う。感心させられたのは、この仕事は教員時代の多くの出会いに対する恩返しということ。定年退職する前から考えていたそうだが、実際に行動に移すことは簡単ではない。もちろん商売っ気はみじんも感じず、その姿勢には頭が下がる。(赤)

固定リンク | 2013年06月06日【57】

新築前に間取り助言 〜宮崎日日新聞に掲載されました〜

昨年9月の「夕刊読売新聞」と「読売新聞の宮崎版」、今年1月の「南日本新聞」に引き続き、「宮崎日日新聞」の記事として掲載されました。
以下はその記事の内容です。

 元高校教諭 枦元さん(都城)
 建築専門知識生かす
 住宅の新築やリフォームをサポートしようと、都城市蔵原町の1級建築士・枦元博文さん(62)は施工前の間取り診断を行っている。「定年後は地域や社会の役に立ちたかった」と、県内の工業高校で建築を専門に教えてきた経験などを生かし、第三者の視点でアドバイスをしている。
 枦元さんは24歳まで2年間、宮崎市内の設計事務所で働き、その後高校教諭に。宮崎工業、都城工業などで建築の授業を担当するなどしてきた。定年が近づいたころ「自分が充実した人生を送れてきたのは周囲のおかげ。その恩返しとして何かできれば」と考え始め、退職した2011年に間取り作りをサポートする「ハウス設計」を開設した。
 診断は依頼者の家族構成やコンセプトなどを確認した後、住宅の平面図や立面図、配置図をチェック。屋根の造りや風通し、採光など数十項目を4段階に評価して、診断書には気になる点や改善策なども記入する。料金は3千円〜8500円。
 珍しいサービスとあって、全国から依頼が舞い込んでいるという。枦元さんは「相談して良かったと言われることも少なくない。安心安全で住みやすい家になるよう、これからも知識や経験を生かしていきたい」と話している。
 問い合わせはハウス設計☎0986-77-2147。

固定リンク | 2013年05月23日【56】

リフォームの相談はハウス設計へ 〜リフォームのプランを提案します(宮崎・鹿児島の地元だけではなく全国対応)〜

リフォームのプランを提案します      

1 「ハウス設計」はこのように提案します
  「何をどのようにしたいのか」をお客様からよくお伺いし、お客様の立場になってプランニングします。提案方法は既存の間取り図に赤ペンでリフォーム案を提示致します。さらに、リフォーム案が決定次第、A3の用紙1枚に図面化します。
2 「ハウス設計」にリフォームプランを依頼するメリット
 (1)複数の施工業者に見積もりを依頼する場合、比較しやすい。
    複数の施工業者にプランなしで見積もりを依頼すると、業者は自分でプランニングしてそのプランにもとづいて見積もりをします。そうなると、業者によってプランが異なりますので見積もりの比較が困難になります。同じプランで見積もりを依頼すれば比較しやすくなります。
 (2)自分のペースで発注できる。
    リフォームをする際、業者任せになって自分の思っていることとずれてしまい、予算もオーバーしてしまいがちです。発注する際は、「何をどのようにしたいのか」など自分のプランをしっかりと持つべきです。弊社は、そのお手伝いをさせていただきます。

3 ご依頼から提案までの流れ及び料金について
 (1)お問い合わせ
    来社、電話、FAX、メール、問い合わせフォームからお気楽にどうぞ。
 (2)弊社からお客様へ申込書兼ヒアリングシートを送付
    お客様のご希望に合わせて、FAX、メール、郵便等でお送りします。
 (3)お申し込み
    お客様から申込書兼ヒアリングシートと間取り図を来社、FAX、メール、郵便等でご返送ください。間取り図がない場合は、現場に赴き既存の間取りのスケッチをした後、間取り図を作成します。その場合は別途交通費(80円/)と間取り図作成料(400円/坪)を承ります。
 (4)リフォーム案作成
    お客様から送られてきたヒアリングシートをもとに、既存の間取り図に赤ペンでリフォーム案の作成をします。設計方針などの説明書も添付致します。(料金:8,500円)
 (5)リフォーム案の送付
   来社いただくか、日本郵便の代金引換の発送になります。代金引換の手数料370円はお客様でご負担ください。お伺いする場合は別途交通費(80円/)を承ります。
 (6)リフォーム案受領後について     
    リフォーム案の修正につきましてはご遠慮なくお申し付けください。納得されるまで対応致します。
 (7)プレゼンテーション用の図面を希望される方へ
   リフォームプランが決定次第、図面の作成をします。(料金:10,000円)
  図面完成後、日本郵便の代金引換でお送りします。代金引換の手数料370円はお客様でご負担ください。お伺いする場合は、別途交通費(80円/)を承ります。

 ※1 リフォームの規模は水回りや間取りの変更を想定していますが、規模が小さかったり大きかったりする場合はご相談致します。
 ※2 平面図等の図面やパース、模型等が必要な方はご相談ください。

固定リンク | 2013年04月02日【55】

[1]    «    10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16    »    [19]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事


このページの先頭に戻る