MENU

HOME > お知らせ

ハウス設計からのお知らせ

最近の記事

家づくり 住まいづくり 住宅設計の相談はハウス設計へ

 家づくりで検討しなければならないことはたくさんあります。初めての家づくりであれば、なおさらのことです。資金計画、土地選定・購入、依頼する業者の選定、構造やデザインの検討、シックハウスのこと、太陽熱利用のこと、エコのこと、ユニバーサルのこと、将来の家族のこと、etcです。その中でも最も夢が膨らみ楽しいのが間取り作り(プランニング)についてです。楽しい反面、いろいろなことを考えなければならないので悩みも多いところです。住んでからの生活において、非常に大きな影響を与えるのが間取りであり、家が完成すると変更できない部分であるからです。
 最近は、素人でも簡単に使える住宅間取りソフトが多く利用されていますので、自分で家族と楽しく将来のことなど話し合いながら間取り作りをしている人も多く見かけられます。自分で苦労して作り上げた間取り図を、施工業者に依頼する前に相談できる専門の人がいたら助かるという声を数多く聞きます。業者さんと折衝するとき自分の考えをしっかり話せるからです。間取りは業者さんから提案してもらうという方も、ほんとうにこの間取りで進めていいのだろうか、もっと他の考え方があるのではないかなど専門家に間取りについての意見を聞いてみたい、あるいは相談してみたいと思う人は多くいらっしゃいます。医者から手術だと言われて、本当に手術しなけれなならないのか、他に方法はないのか、第三者の医者に相談するのと同じです。いわゆる”セカンドオピニオン”です。
 ハウス設計は、「間取りのセカンドオピニオン」を専門に、間取り作りをいろいろなやり方でサポートしていきたいと思っています。間取り作り以外のサポートについては、できる範囲内で無料で相談を承りたいと存じます。ご遠慮なくご相談ください。
 そこで、次回から家づくりのサポートの一環として「家づくり(マイホーム)相談コーナー」を設け、新築住宅をお考えの方のために、家づくりに関する情報を掲載します。

固定リンク | 2012年07月23日【31】

家づくり・住まいづくりは自分でプラン作り 〜家を建てたい人のための「住宅設計教室」 受講生募集!〜

一般的に、建築士は、自分の家は自分で設計します。なぜでしょう。面子もあるでしょうが、自分の家の住まい方は自分が一番知っているからではないでしょうか。もちろん、設計を業者に頼むより経済的にも有利だからということもあります。設計料はいらないし、業者の見積もりについても大体のチェックができるからです。
ですから、自分の家は自分で設計するのが一番いいことなのです。そんなこと言っても素人ではできるはずがない、と思われるでしょう。確かに設計するためには、多くの知識や技術が必要です。しかし、実施設計などの難しいところはそれなりのプロに任せればいいのです。建て主が自分でできるところは、敷地にどのように建物を配置し、間取りをどうするかなどの基本的なプランニングの部分なのです。そこが設計の中で最も重要なところですし、その部分がはっきり決まれば、あとはプロの方が上手くやってくれるはずです。自分の家を自分で設計すれば、経済的にも有利ですし、完成後も家に対する愛着がより一層大きなものになるものと思われます。また、業者の方と折衝する際も自分の考えがはっきりと言え、その結果、納得できる家づくりにもなろうかと思います。
家を設計するには、家族の生活の仕方を将来を含めて考えなくてはならないし、家族の在り方を考える絶好の機会でもあります。
是非、自分の家は自分で設計してください。そのお手伝いを致します。

固定リンク | 2012年07月21日【30】

「間取り診断」のコース設定及び料金について(お知らせ)

今回、お客様のいろいろなご要望を受けて、下記のように間取り診断に3つのコースを設けました。
ご自分の計画に合ったコースをお選びください。


診断コース
★簡単コース
  1 内容   
    主な部分を赤鉛筆で図面(コピー)に直接添削
 2 このような方にお勧め
   ・大きな設計変更はできない段階での、確認のための診断が欲しい方
   ・中古住宅を購入する時など、出来上がった住宅の診断が欲しい方
   ・お急ぎの方
 3 料金
     ¥3,000円(消費税・送料抜き/代引手数料 別途390円)
★標準コース
 1 内容   
    簡単コース + 配置・全体・各室計画を項目ごとに評価した間取り診断書
                     (改善のためのアドバイスも含む)
 2 このような方にお勧め
    検討中の間取りについて、診断とともに改善のためのアドバイスが欲しい方
 3 料金
    ¥6,500円(消費税・送料抜き/代引手数料 別途390円)
★改善コース
  1 内容   
    標準コース + 改善案のスケッチ
         (診断の結果、改善の必要がなければ、標準コースとして承ります)
 2 このような方にお勧め
   検討中の間取りについて、診断とともに改善のためのアドバイスが具体的に欲しい方
 3 料金
     ¥8,500円 (消費税・送料抜き/代引手数料 別途390円)

固定リンク | 2012年07月20日【29】

リニューアルオープン

住宅を購入するとき、業者の担当者の方から間取りについての説明を受けても、本当にそれでいいのだろうかと、多かれ少なかれ不安は感じるものです。
気軽に間取りについて訊ける専門の人が近くにいればいいのですが、多くの人はそうではありません。

そんな方に、「間取り診断」は有り難がられるものと思い、昨年の10月に間取り診断を始めました。
お陰様で、北は北海道、南は鹿児島まで多くの方々にお問い合わせやご依頼を頂き感謝しているところでございます。
定年退職した私にとっては、私の知識・技術が世の中の役に少しでも立てばとの思いで、報酬金額には関係なく、できる限りのことはさせていただきました。
そのこともあってか、診断書送付後、温かいお礼の電話やメールを頂き、元気が出ているところでございます。

そこで、間取り診断だけではなく、もっといろいろな形で私の専門とする間取り作りで、家づくりをされる方をサポートしたいとの思いで、今回、「間取りの提案」、「パース&模型等の制作」、素人の方を対象にした「住宅設計教室」を始めることにしました。
もちろん、間取り診断はハウス設計の中心的な仕事として、今後もお客様に喜んで頂けるように充実させようと思っています。

これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表 枦元 博文(はぜもと ひろふみ)

固定リンク | 2012年07月01日【28】

家づくり・住まいづくりをサポートする「ハウス設計」事務所完成

建築は10年後、20年後を見据えて造るべきである、と言われます。
住宅建築の場合、家族にはライフサイクルがあります。
新婚時代、子どもが幼少時代、子どもが小中高生時代、子どもの独立、子ども家族との同居あるいは夫婦だけの生活などが考えられます。
家は一生の中で何回も造れるものではありません。
また、現代はエコの時代です。
使い捨てではなく、物を大事に使い、長く使う工夫をしなければなりません。
そのためには、耐震性、耐久性、省エネなどのハード面だけではなく、その時々の生活に合わせた空間づくりが大切です。
今、「長期優良住宅」とよく言われますが、単なる高性能住宅で満足するのではなく、住まい手がメンテナンスの主役になるなど、長く住むという意識づくりが問われているのかもしれません。


そのお手本ということでもありませんが、
我が家も20年前、敷地の事情等もあり、三期計画で家造りを考えました。

一期工事      とりあえず住むのに必要なところだけを造る(西側部分)
二期工事 10年後  玄関、居間、子供室等を造る(東側部分)
三期工事 定年後  定年後は車庫の部分を増改築して事務所を造る(道路側部分)

ということで、今回やっと完成です。

今年の5月には、新しい事務所で住宅プランの提案などができるように、業務を充実させていきたいと思っています。
もちろん、「間取り診断」は第一番目の仕事として行っていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
           

固定リンク | 2012年01月12日【19】

[1]    «    13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19    »    [19]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事


このページの先頭に戻る