MENU

HOME > お知らせ

ハウス設計からのお知らせ

最近の記事

ハウス設計の住宅設計教室 「間取り作りコース(通信制)」 〜自分で間取りを作りませんか!〜

 家づくりで最も多くのエネルギーと時間を使って欲しいのは「間取り」です。その後の生活に大きく影響するからです。
 家づくりは滅多にない機会です。家族の在り方を考えながら、マイホームの間取りを自分で作ってみませんか。


自分で間取りを作るメリット
1 家族生活の在り方を考えるチャンス
  間取りを考えると、否応なく家族の在り方や生活の仕方を考えることになります。例えば、子供が帰宅した時、子供の様子が見えるようにと階段を家族の集まるリビングに配置したりするなど、子供の教育と間取りは密接な関係があります。
2 相見積もりができる
  複数の業者に設計・見積もりを依頼すると、間取りが異なるために比較が難しくなります。同じプランで複数の業者から見積りを取ると(このことを相見積もりと言います)、金額や仕様が妥当なのか比較しやすくなります。
3 納得できる家づくり
  自分で間取りを作れば、業者との打ち合わせの時、きちんと自分の考えが伝えられ、納得できる家づくりができます。



募 集 要 項

 この教室では、間取りを作る時のノウハウを学び、配置計画から間取り図の完成までを学びます。

1 受講対象者
  ○ 新築住宅を考えている方
  ○ 趣味として間取り図を作りたい方
  ○ 住宅設計を学びたい学生や建築関係業種の方
2 カリキュラム
  自分の理想とする家の間取り図を作成します。
   第1段階   イメージの構想(家族の将来像を考え、コンセプト、規模等を企画します。)
   第2段階   敷地図の作成(敷地図があればそれで構いません。)
   第3段階   ゾーニング計画図の作成(敷地全体の構想をスケッチします。)
   第4段階   間取り図の作成(具体的に部屋の配置を計画します。)
3 指導方法
  メール、FAX、郵送等で図面のやり取りを行い、その中で添削指導やアドバイスを行います。
4 申し込み
  申し込みはメール、電話、FAXなどで行います。特に様式はなく、連絡方法(氏名、住所、電話番号)が分かれば結構です。
5 申し込みから卒業までの流れ
 (1) 受講者:申し込み
   弊 社:「ヒアリングシート」、「手引書機廖◆崋螳書供廚鯑本郵便の代金引換で送付します。
 (2) 受講者:ヒアリングシート(手引書P1〜4参照)とゾーニング計画図(手引書P4〜7参照)を提出します。
   弊 社:提出物をチェックし添削やアドバイスを行い返送します。
   ※ 確認したいことや質問はその都度、電話、メール等で連絡します。
 (3) 受講者:ゾーニング計画が合格したら、「手引書供廚暴召ぁ間取り図を作り提出します。
   弊 社:提出物をチェックし添削やアドバイスを行い返送します。
 (4) 何回かやりとりして、合格したら卒業です。
6 受講料   
   10,000円(税抜き)です。
   ※1 間取り図が完成するまで、責任もって指導致します。
      万一、受講者が自分でできないときは、弊社がプランを提案します。
   ※2 送料につきましては、受講者の負担とさせていただきます。
7 お支払い
  「ヒアリングシート」、「手引書機廖◆崋螳書供廚鯑本郵便の代金引換でお送りしますので、お受け取りになる際に、受講料をお支払いください。代引手数料として390 円と送料205円が追加されます。
8 その他
  ・受講者の情報が外部に漏れることは絶対にありませんので、安心してご応募ください。
  ・受講された方については、卒業後も家づくり全般について無料で相談をお受け致します。

固定リンク | 2015年07月16日【79】

家づくり 住まいづくり 住宅設計 相談・コンサルティング・アドバイス 〜サニタリースペース〜

家づくりの要である住宅設計を考えてみよう(その4)

   〜 サニタリースペース 〜

 トイレ、浴室、洗面室などを総称してサニタリーと言います。
 個人の空間を充実させるためにそれぞれの個室に設ける場合もありますが、一般的には、生理・衛生空間として一つにまとめ、家族全員が一番使いやすい場所(共同空間)に設けることが多いようです。また、配管の関係や、音や臭気の関係、メンテナンス、プライバシーなど考えると、サニタリーはなるべく1か所にまとめたほうが良いとも言われます。
タイプとしては、トイレ・浴室・洗面を独立させたタイプ、トイレ・洗面と浴室にしたタイプ、トイレ・洗面・浴室をまとめたタイプなどがあります。兼用すると面積の節約になります。
 なお、トイレはサニタリースペースとして家族の集まるファミリーゾーンに設ける場合が一般的ですが、お客様が使うことを考えて玄関近くに設けることもあります。また、2階建ての場合は個室や主寝室のあるプライベートゾーンにも設けることが多いです。

固定リンク | 2015年07月09日【78】

家づくり 住まいづくり 住宅設計 相談・コンサルティング・アドバイス 〜収納計画〜

家づくりの要である住宅設計を考えてみよう(その3)

    〜 収納計画 〜

収納が充実すると
1 家事がしやすくなる
  家事作業の主なものに掃除があります。掃除をしやすくするためには物が片付いてい ることです。そのために、その場その場で適正な場所に適当な収納量の収納スペースが あることが大切です。
2 部屋が広くなる
  部屋が広く使え、広く感じさせるためには物が散らかっていないことです。間取りを 計画している段階で、部屋を広くするために収納スペースをおろそかにしますと、結局 は部屋に物があふれ生活しにくくなります。

※ 子供室の収納の考え方
子供室の収納を考えることは大変良いことなのですが、造り付けのクローゼットにこ だわる必要はないのかなと思います。既製品の家具(タンスやロフトベッド等)であれ ば、部屋の模様替えも簡単にできます。子供の生活は成長とともに年々変化します。そ れに対応できるように融通性のあるプランニングが必要です。

固定リンク | 2015年07月03日【77】

家づくり 住まいづくり 住宅設計 相談・コンサルティング・アドバイス 〜 家事動線を良くするためには作業の流れを考える 〜

家づくりの要である住宅設計を考えてみよう(その2)

    〜 家事動線 〜

家事動線には調理する、片づける、洗濯する、洗濯物を干す・取り込む、掃除するなどの動線があります。
“調理する、片づける”については、オープンキッチンや対面キッチン等にすることで料理の配膳や片付けを楽にできます。なお、勝手口(台所の出入り口)があると買い物の搬入やゴミ処理などにも便利です。
“洗濯する、洗濯物を干す・取り込む”については、洗濯作業の流れである 脱衣⇒洗濯⇒干す⇒取り込む に従い、脱衣室⇒洗濯室⇒(室内物干し場)⇒室外物干し場⇒取り込む部屋⇒収納スペース のように場をつなぎ、洗濯作業の動線を短くすることが大切です。
“掃除する”については、各部屋に収納スペースを設け、片付けしやすいようにすることが大切です。


※1 洗濯物の乾燥の仕方  天日干し 室内干し 乾燥機 
※2 ランドリールームに必要なスペース
   洗濯機置き場 洗濯物の置き場 洗剤等の収納スペース 洗濯物を干す場 洗濯物をたたむ場 アイロンをかける場 クリーニングに出す洗濯物の置き場 

固定リンク | 2015年05月05日【76】

家づくり 住まいづくり 住宅設計 相談・コンサルティング・アドバイス 〜 間取りは外構計画といっしょに考える 〜

家づくりの要である住宅設計を考えてみよう(その1)

     〜 外構計画 〜

間取り診断に送られてくる図面のほとんどには詳しい外構計画図がありません。建物が建つ位置を示すくらいの図はあるのですが、アプローチや庭を示す外構計画図まで詳しく描いてあるのは以外と少ないです。家の間取りは道路との関係で大きく変わるし、外構計画は家のイメージにも大きく影響を与えるものです。極端に言えば、樹木一本で家のイメージは大きく変わります。外構には庭、門、塀、生け垣、ポスト、インターホン、駐車スペースそして植栽などいろいろあります。予算のことのありますので、計画したものを建物と同時に施工しなくても、計画だけはしておきましょう。

外構計画のポイント
まずは駐車スペースを決めることです。来客用を含めて何台駐められるようにするかを決めましょう。駐車台数と敷地の関係で庭をあきらめることも考えられます。駐車スペースが決まればおおよその玄関の位置も決まります。自転車やバイクの置き場も忘れてはなりません。
次に、庭の計画です。庭には主庭、前庭、テラス、坪庭、サービスヤード(キッチンや勝手口のそばに設けられ、洗濯や物干し・ゴミの一時的な置き場、その他の屋外における家事をするところ)等があります。庭の種類によっては道路からの視線防止を植栽や塀等で工夫しなければなりません。サービスヤードの計画は外構計画の善し悪しを左右するポイントにもなります。
そして、アプローチや門塀の計画です。アプローチは、公私の行動の区切りの場であるし、客や外の道を行く人に対しては、わが家らしさをさりげなく伝えるメッセージ的な役割を担う場です。そのために、門から玄関までのアプローチを長くとることによって雰囲気をつくったり、角度を変えたり、土間の仕上げ材を変えたり、緩やかなレベル差をつけたりして、奥行きある空間を演出するようにします。植栽も積極的に活用すると良いでしょう。
外構の形式には下記の3つの形式があります。門扉や塀などは設けないタイプのオープン型の場合にも簡単な門柱は設けたいものです。門柱があることで外観形成上のアクセントにもなるし、防犯にも役立ちます。塀を設けない場合も、段差をつけるとか、地面の仕上げを変えるとか、植栽することで区切りはつけたいものです。 

※1 駐車スペースの広さ  2.5〜3m×5〜5.5m(平行駐車の場合は7〜8m)
自動車の大きさ   普通乗用車 1700×4500   軽自動車 1500×3400
※2 外構の形式
  .ープン型  
    門扉や塀などは設けないタイプで、比較的小規模な敷地に向いている。
    植栽を上手く利用しアプローチへの誘導や視線を遮る等の工夫をすることが大切である。
  ▲札潺ープン型  
    オープン型とクローズド型のそれぞれの特長を取り入れたもの。
  クローズド型  
    門扉や塀などで敷地を囲うタイプで、一般に敷地に余裕があるところに採用されている形式。街に対しては閉鎖的な印象を与える。

固定リンク | 2015年04月28日【75】

[1]    «    6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12    »    [19]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事


このページの先頭に戻る