MENU

HOME > お知らせ

ハウス設計からのお知らせ

最近の記事

「間取りの修正案」を提案します!

「間取りの修正案」を提案します!


「間取りの修正案」  
業者さんから提案された間取りにはほぼ満足しているが、収納スペースについてはどうしても要望通りにならないなど、下記のようなことがよくあると思います。
・延べ床面積をもう少し減らしたい。
・玄関にSICを設けたい。
・脱衣室を独立させたい。
・テレビを置くスペースがイマイチ。
などです。

そこで、ハウス設計はそのようなお悩みを、修正案を提案することで解決するお手伝いを致します。
修正案はパソコンで平面図を描き、修正に対しての説明も致します。
料金は 5,000円(消費税抜き)です。

ご希望がございましたら、ハウス設計のアドレス(info@house.9syu.net)に、平面図と修正についての要望事項を添えてお送りください。
基本的に2日間で修正案を作成します。

固定リンク | 2021年02月28日【128】

外構計画の提案をします!

今まで1,000件くらいの間取り診断をさせていただいていますが、そのほとんどが外構計画がありません。道路側に車が描いてあるくらいの配置図で、アプローチはどうなっているのか、アプローチまわりの前庭はあるのか、サービスヤードはあるのか、そして一戸建て住宅で最も大切な庭をどうしているのか、などが分かりません。それは、建物の見積もりで外構は別途予算になっているからだと思います。しかし、家の間取りは敷地の形状や道路との関係で大きく変わりますし、外構計画は家のイメージにも大きく影響を与えるものです。極端に言えば、樹木一本で家のイメージは大きく変わります。当初の予算の中ではできなくても、予算オーバーな部分は後から行うことも考えられるし、自分でゆっくり庭を造るのも楽しいことでもあります。計画したものを建物と同時に施工しなくても、計画だけは間取りと一緒に考えるべきだと思います。

 そこで、ハウス設計は、外構計画だけの提案も承っています。
 配置図をお送りいただければ、サンプルのような外構計画案をお送りします。
 料金は 5,000円(消費税抜き)です。

 ご希望がございましたら、ハウス設計のアドレス(info@house.9syu.net)に配置図と1階平面図及び外構に対するご要望等を添えてお送りください。

固定リンク | 2021年01月31日【127】

新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年中は、全国の皆様方から、「間取り診断」や「間取りの設計」等のご依頼を賜り、厚く御礼申し上げます。お蔭様で、皆様方の住宅プラン作りをいろいろな形でサポートすることができました。これもひとえに皆様方のご高配の賜物と感謝しております。
本年も、皆様方のお役に立てるよう専心する所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。
令和三年 元旦
ハウス設計 代表 枦元博文

※ お正月期間中もお問い合わせは勿論のこと、お急ぎの場合にも対応致します。

固定リンク | 2021年01月01日【126】

家を建てる人へのアドバイス 〜庭の設け方(2)〜

家を建てる人へのアドバイス 〜庭の設け方(2)〜

 前回は庭の設け方について述べましたので、今回はその例を紹介します。

固定リンク | 2020年12月28日【125】

家を建てる人へのアドバイス 〜庭の設け方(1)〜

家を建てる人へのアドバイス 〜庭の設け方(1)〜

1 外構計画について
  駐車スペースについては前回述べましたので、今回からは庭の設け方についてアドバイスします。庭には主庭、前庭、テラス、坪庭、サービスヤード(キッチンや勝手口のそばに設けられ、洗濯や物干し・ゴミの一時的な置き場、その他の屋外における家事をするところ)等があります。

2 庭の特徴について
  休日は周囲の目を気にせず、日当たりのいい庭で、家庭菜園をしたり、子どもが汚れることを気にせず遊んだり、家族でバーベキューを楽しんだりしたいものです。それができるのが一戸建て住宅の魅力でもあります。
 (1)庭があるメリット
   1)敷地にスペースができることで、日当たりや風通しが良くなる。
   2)ガーデニングや家庭菜園を楽しめる。
   3)子どもの遊び場になる
   4)ホームパーティーやBBQができる。
   5)ペットを放し飼いできる。
 (2)庭があるデメリット
   1)庭の手入れに手間がかかる。
   2)目隠しがないと外から見えやすい。
   3)土地が広い分高値になる。

3 庭の種類について
 (1)主庭(しゅてい)
    主となる庭です。通常は敷地の南側にリビング等に面して配置されます。庭には鑑賞のための庭と実用性のある庭があります。庭に出てくつろぐプライベートな空間であるため、生垣や塀等を目隠しが必要な場合もあります。
 (2)前庭(まえにわ)
    玄関まわりに配置された庭です。家のファサード(正面)を作る要素でもあり、門から玄関までのアプローチの雰囲気を作ります。
 (3)サービスヤード
洗濯や物干し・ゴミの一時的な置き場、その他の屋外における家事をするところで、キッチンや勝手口のそばに設けられます。
 (4)中庭(なかにわ)
    コの字型やロの字型の建物に囲まれた庭です。各部屋の採光と通風に有利になります。
 (5)裏庭(うらにわ)
    家の裏側に位置するサブ的な庭でバックヤードともいいます。物置などに使われます。
 (6)坪庭(つぼにわ)
    建物の壁や塀に囲まれた小規模の庭です。住宅の浴室から眺めるために設けるバスコートや、採光や通風のための光庭(こうてい)等があります。

固定リンク | 2020年11月14日【124】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [21]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事


このページの先頭に戻る