MENU

HOME > お知らせ

ハウス設計からのお知らせ

最近の記事

家づくり 住まいづくり 住宅設計 相談・コンサルティング・アドバイス 〜階段〜

家づくりの要である住宅設計を考えてみよう(その15) 〜階段〜

今回は間取り上、大きくプランニングに影響を与える階段について考えます。

1 位置について
  生活スタイルや玄関の位置などを考慮して計画します。
 (1)玄関ホールに設ける場合
     メリット:吹き抜けなどを利用することで玄関を広く見せられる。
     デメリット:お客さんの動線と2階の家族動線が重なってしまう。
 (2)廊下に設ける場合
     メリット:お客さんの動線と2階の家族動線が重ならない。
 (3)リビングなどに設ける場合
     メリット:家族の行動が把握でき、吹き抜けなどを利用することで常に家族の気配を感じることができる。
     デメリット:部屋としての落ち着きに劣る。
          階段が煙突状になることで熱などが上階に逃げてしまう。

2 構造について
  安全性を確保するために、蹴上げの高さと踏面の幅、手摺の高さ、階段の幅など建築基準法上の決まりがあります。そのことを踏まえて、床仕上げを滑らない材料にしたり、明るさを保ったりすることが大切です。
    建築基準法:蹴上げ230舒焚次踏面150舒幣
    階段幅:一般的には廊下と同じ       
    階段長さ:1.5〜2間

3 種類について
 (1)直階段:一方向に直線的に上がる階段
    ・面積は少なくてすむが、一方向に限定されるため間取りに制約を受ける。
 (2)折り返し階段:途中に踊り場を設け、U型に方向を変えて上がる階段
    ・踊り場の分だけ面積が多く必要だが、安全性が高い。
 (3)曲がり階段:途中で踊り場を設けて角度を変える階段
    ・1階の上がり口と2階の下がり口の方向を変えることができる。
 (4)回り階段(らせん階段):中心に柱を立て、そこから片持ち式に梁を出して踏み板を支えた階段
    ・デザイン性に富み、面積は少なくてすむが、昇降がしづらい。

4 デザインについて
 (1)箱型階段:踏板の下に蹴込み板を設けるタイプ
 (2)オープン型階段:踏板の下に蹴込み板を設けないオープンなタイプ

固定リンク | 2018年05月25日【106】

家づくり 住まいづくり 住宅設計 相談・コンサルティング・アドバイス 〜玄関 〜

家づくりの要である住宅設計を考えてみよう(その14)
          〜 玄 関 〜

 玄関は、家族にとっては外と内との区切りをつける場所であり、来客にとっては第一印象を与える場になるので、それに相応しい計画をしなければならない。玄関の機能としては、出入り口としての機能、防犯機能、接客機能、収納機能等がある。

1 基本事項
 (1)位置:道路や車庫との関係を考慮し、外には庇付きのポーチを設ける。
(2)広さ:2畳以上(できれば玄関土間と玄関ホールの奥行きは0.75間)
       シューズインクローゼットを設ける場合は4.5畳以上
 (3)設備等:靴箱、傘立て、コートやスポーツ用品の収納棚、ベビーカー置き場、ベンチ、シューズインクローゼット

2 計画のポイント
 (1)簡単な接客ができる工夫
    ・ちょっと広めの土間風にして、腰掛けられるスペースをつくると便利である。
     また、それは靴を履く時の腰掛け代わりになる。
 (2)シューズインクローゼット(SIC)  
    ・シューズインクローゼットがあると靴や傘だけでなく、レジャー用品、スポーツ用品、ベビーカーなどを収納するのに便利である。
    ・玄関からシューズインクローゼットの中が見えないようにしたい。
    ・シューズインクローゼットからそのまま玄関ホールやリビングなどに行けると便利である。
 (3)面積節約のためリビング等と繋げる場合
  ・玄関から室内が見えないようにする。
※その方法: _閥颪箚蔽韻粉峪点擇蠅濃訐を防ぐ。
   ◆仝軸愴發粒囘戮鮃夫する。

固定リンク | 2018年05月10日【105】

家づくり 住まいづくり 住宅設計 相談・コンサルティング・アドバイス 〜寝室 〜

家づくりの要である住宅設計を考えてみよう(その13)
           〜 主寝室 〜

1 形式
 (1)和室  布団の上げ下ろしはあるが、他の用途にも使える利点がある。
        寝具の収納スペースの確保と布団の上げ下ろしが楽にできるような押入を設ける。
 (2)洋室 ベットは寝起きの動作が楽である。
        ベットメイキングのため、まわりに50僂離好據璽垢魍諒櫃垢襦
ベッドの他、衣装戸棚、化粧台、いす、ナイトテーブル等が必要。

2 寝室としての共通ポイント
 (1)静かに就寝できるようになるべく道路から離すか、塀などで遮音する。
 (2)夏、自然通風で寝る場合は風通しの工夫をし、重ねて防犯のことも考慮する。
 (3)遮光カーテンや照明器具の工夫で快適に睡眠できるようにする。

3 主寝室
(1)基本事項
     位置:書斎、浴室、便所との関連を深める。
     方位:南、南東、東  
     広さ:洋室であれば8畳以上、和室であれば6畳以上
     付属家具:タンス、TV、化粧台、洋室はベッド・サイドテーブル
     付属施設:ウォークインクローゼット、クローゼット、和室なら押入、納戸、トイレ、シャワーブース
 (2)プライバシー対策
    子供室や水回りと隣接することも多いが、その場合、部屋の間を押入やクローゼットなどの収納空間にして緩衝地帯にする。
 (3)プラスアルファの機能
    書きもの、読書、TVなど、くつろぐことができるようにする。

固定リンク | 2018年01月28日【104】

新年のご挨拶

 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 昨年中は、全国の皆様方から、間取り診断、間取りの設計等のご依頼を賜り、厚く御礼申し上げます。お蔭様で、皆様方の住宅プラン作りをいろいろな形でサポートすることができました。これもひとえに皆様方のご高配の賜物と感謝しております。
本年も、皆様方のお役に立てるよう専心する所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。
平成30年 元旦
ハウス設計 代表 枦元博文

固定リンク | 2018年01月06日【103】

家づくり 住まいづくり 住宅設計 相談・コンサルティング・アドバイス 〜和室 〜

家づくりの要である住宅設計を考えてみよう(その12)
           〜 和室 〜

1 和室の特徴
  和室は、日本の伝統を感じられる落ち着いた雰囲気になり、高温多湿という日本の風土に合っています。また、機能面でも下記のように、狭い面積で多様な使い方ができるのが和室の最大の特徴です。
 (1)和室のメリット  
    〆蘇枌追澆韻亠甸屬砲覆蠅泙后
   ◆”枌弔鯢澆韻仗下爾砲覆蠅泙后
    子供が宿題をしたり、着替えたり、遊んだりできます。
  ぁ\濯物をたたんだり、アイロン掛けたり、家事作業もできます。
   ァ.乾蹈乾蹐靴討つろげます。
  Α,舛磴崑罎鮟个擦价磴隆屬砲發覆蠅泙后
 (2) 和室のデメリット
    ’月がたつと劣化しやすい。
   ◆ ̄れが取りにくい。
    カビやダニが発生しやすい。

2 小上がり
  和室は多様性はありますが、逆に言えばつかみ所のない空間でもあります。結局は、和室をどのように使いたいか、ではないでしょうか。和室を客間として、リビングとは切り離して掘りごたつを使ったりして空間にメリハリを付けるのであれば、段差を付けるのも一つの方法かと思います。そのような、明確な目的がないのであれば、段差なしのフラットが良いでしょう。フラットは安全でユニバーサルでもあります。
 (1)小上がりのメリット
    ‐穏造寮験茲できる。
   ◆‐上がりなので収納部分ができる
    インテリアデザインとしても有効
   ぁ々掛けてから和室に上がれたり、足を下ろして楽に立ち上がれる
   ァ.螢咼鵐阿箸龍界がはっきりする
   Α.螢咼鵐阿縫ぅ垢鮹屬ずに腰掛ける場所にできる
   А’悗發燭譴砲發覆
 (2)小上がりのデメリット
 .丱螢▲侫蝓爾任覆ぁ
   ◆々渋ぞ紂⊆,里茲Δ覆海箸肪躇
     ・玄関ホールから出入りする場合
     ・掃き出し窓の場合

固定リンク | 2017年11月13日【102】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [16]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事


このページの先頭に戻る